金運を上げる財布 その1|形と色・素材

お金持ちは長財布を使っている?

財布の寿命は3年?

財布の値段の100倍が年収に!?

そんな都市伝説を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

字際に、財布には金運に恵まれるための法則があって、その法則を実践すれば、本当にお金が貯まるらしいのです。

では、どのような財布の使い方をすれば、お金持ちになれるのか?

今回は、選ぶべき財布の形や色・素材についてお話ししてみようと思います。

 

 選ぶべき財布の形:2つ折り財布よりも長財布を選ぶべし!

長財布が金運にいいというのは、都市伝説ではなかったようです。

なぜ2つ折りの財布が良くないか?

それは、お札が折りたたまれる形になるため、お札にとって窮屈になり、お金がすぐに出て行ってしまうそうです。

長財布なら、お札がのびのびできて、居心地がいいということですね。

お金に長くいてもらうためには、お金が気持ちよくなれる環境を作ることが大事になってきます。

ついでに言うと、クレジットカードやポイントカード、レシートなどでパンパンになっているような、いわゆる「ブタ財布」は完全NGだそうです。

でも、2つ折り財布の人も、絶対にいけないというわけではないので安心してください。

中に入れたお札が、完全に折れ曲がらなければ、運気は下がらないそうですよ!

 

金運が上がる財布の色とは?

金運を上がる財布の色は、【黒】【茶色】【茶色 + 黄色】が代表的です。
【黒】は「金運を維持する」効果があるので、つい使いすぎてしまう人・出費を抑えたい人におすすめです。
【茶色 + 黄色】は、「お金を呼び込んで貯めておく」効果があるとされているので、貯金をしたい人にいいでしょう。

【黄色】は金運によさそうですが、お金の出入りが激しいといわれていて、お金が入ってくる反面、出ていく分も多いようです。

【黒茶】は金運が安定する色といわれていて、金色の金具がついている財布なら、さらに運気アップするとか。

【金色】は買い物運が上がるので、大きな買い物などを控えている人に向いているでしょう。

【緑】の財布は、出て行ったお金が再び戻ってきてくれるとされています。ギャンブル好きにいいのかも?

【ピンク】は人間関係を築くことができ、お金を成長させてくれる色だそうです。

【紫】は無駄遣いをなくして、お金がたまる色。

【白】はよくない金運をリセットして、金運が上がります。

反対に金運を下げる財布の色はどんな色でしょうか?

【赤】の財布は、衝動買いをしてしまうので、やめておいたほうが無難です。

【青】の財布は、出費が抑えられる反面、お金が入ってこないそうです。

 

金運アップの素材

財布の運気は素材にも左右されます。

まず、【牛革】は素材としてとても良いとされています。

牛は豊かさの象徴、牛革は「蓄財」という意味があり、牛革の財布にはお金を貯める力があるんだとか。

次に【豚革】素材の財布。

豚革財布は、「出した分だけ入ってくる」というお金が循環するという傾向にあるので、会社を経営している人や、事業を起こした人向きの財布といえます。

そして、なんと言っても【蛇革】の財布は、金運と切り離せません。
蛇には、人気運上げて、財を育てる力が備わっていて、社会的地位があがる効果もあるそうですよ。
ただ、大きなお金が入る一方、お金が出ていく作用も大きいそうなので、管理には十分注意が必要そうです。

金運を上げる財布をこちらで紹介しています。

あなたのライフスタイルにあった財布を選んで、金運を上げてくださいね!