新しい財布の使い始め

年が明けました。
新春に辺り、行うことは何があるでしょうか?
人それぞれに違うと思いますが、代表的な事に[お財布の新調]がありますね。
新春に[お財布の新調]?、疑問に思う方も居るかも知れませんが、
この時期に新調するお財布を[春財布 = 張る財布]と呼び、易学的にみると、新しいお財布は[1月から3月の節句まで]もしくは[12月20日~2月17日の立春前]。
この期間に新調するのが、縁起が良いと言われています。
年始にデパートや量販店に出向くと、お財布売り場が充実しているのも、これらが由来と言われています。

購入時期は分かりますが、どの様なお財布を選ぶのが良いのでしょうか?
お財布は易学で[お金の家]とされています。
皆さんが住居を慎重に選ぶように、お財布をなんとなくで選ぶと、金運が逃げていきますよ。
一般的に金運が良いと言われるのは、[長財布]や[黄色や金色のお財布]が良いと言われます。
お財布の選び方は、様々な方が照会されていますので、今回は[春財布]の新調した時の注意点。
今迄のお財布との、上手なお別れのし方に、スポットを当てたいと思います。

新調したお財布の、上手な下ろし方。

*最初に入れるお金は大金を!

お財布は、入っているお金の金額を、記憶すると言われます。
一番最初に入れる金額が、そのお財布のキャパシティとして残ってしまい、その金額をキープしようとするのです。
理想形は[帯付の1万円札 = ピン札の100万円]。
そんな無茶な・・・ そんなお金が常に在るなら、金運なんか気にしません・・・
ごもっともです、ですので対処法をご紹介。
お財布の為の、お金を作ることは、縁起が良いと言われます。
新聞紙や半紙、紙の素材は問いませんので、一万円札と同じ大きさにした紙を用意します。
例えば、最初に記憶させたい金額を20万円とするなら19枚。
束ねた19枚の一番上に、本物の1万円札を重ねます。
これが20万円の変わりになると言われています。
最初と最後を本物の1万円札にして、18枚の紙を挟むのは、なおベターです。
偽札?・・・ この場合は、この表現は避けましょう。

*お種銭は必須です。

[お種銭]?聞き慣れない言葉かも知れませんが、新規でお財布を購入したり、年始に商品を購入したりすると、
大入り袋やポチ袋で、5円の新硬貨を頂くことがありませんか?あれの事です。
[お種銭]は、文字どうり[銭 = お金]の[種]になる物なので、必ず入れましょう。
どうしても[お種銭]が手に入らなかった・・・ その様な方は、お金の象徴である[金色]を使った、金色の折り紙で[鶴]や[亀]を折って、[お種銭]の変わりにしましょう。

*お財布は、すぐに使って良いの?

駄目です! 最初に入れた金額を覚えて貰うには、少々の時間が掛かります。
寝かせる時間は、長ければ長いほど良いと言われていますが、目安としては10日間程です。
表現は悪いのですが[慌てる乞食は貰いが少ない]とも[急いては事を仕損じる]とも言いますよね。
焦る事で良い事はありません。
ここはじっくり待ちましょう。

*何処に寝かせれば良いの?

寝かす場所は重要です! ですが、難しい場所ではありません。
タンスか冷蔵庫が良いでしょう。
どちらも金庫を象徴とすると言われる場所です。
寝かせる間は、人目に触れないのが大事なので、ひっそりと寝かせましょう。
ですが、冷蔵庫はお財布の素材によっては、冷やす事で悪影響があるかも知れません。
私はタンスをオススメします。予断ですが[タンス貯金]と言った代名詞は、金庫を象徴とする事から、縁起の良い場所の保管とも言えるのですね。

*使い始めの良い日は?

新品のお財布、速く使いたいのは道理ですが、使い始めの日も選びましょう。
吉日が良いのですが、吉日って意外と多くないですか?
金運に纏わる吉日は次の3日[新月の日][寅の日][一粒万倍日]です。
カレンダーに載っていないから、分からない・・・ その場合は、[大安]が良いですね♪

[お種銭]以外のお金は、お財布を使い始めたら、使っても問題ないです。
ですが、[お種銭]はお財布の中の、あまり人目に付かないところで保管しましょう。
間違えて使っちゃ駄目ですよ。

*今までのお財布との、上手なお別れの仕方。

お別れの仕方は二通り、[処分]か[保管]です。
基本的には[処分]すべきなのですが、今迄金運が良かった♪ そう思えるなら[保管]をオススメします。
金運に限らず、人生の中で[良い方向へのターニングポイントを向かえた]や[全般的に運気が良かった]と感じる方にも、[保管]をオススメします。
保管場所は縁起物なので、神棚でも良いですし、神棚の無い方は[家の中の一番高い場所]がオススメです。
[処分]する場合は、そのまま捨ててはいけません。
財布だと分からないように、紙や布に包んで[処分]しましょう。
神社で[処分]するほど、こだわらなくてもいいのですが、包む紙は白色いいと言われています。
お習字で使う半紙でしたら、容易に手に入ると思いますので、ここは拘るのをオススメします。
お別れするのは[雨]の日を選びましょう。
水の気は、金の気を増やします。雨の日や、雨模様の日が最適です。
そして大事なのは「今迄ありがとう」そういった、感謝の気持ちを持ってお別れする事です。

最後に

少しの気遣いで、それほど難しい内容では無いと思います。
新春を向かえ、春財布で新期を幸運に迎えませんか♪


■この記事を読んだ人におすすめ

金運を上げる財布特集!